今後のキャリアパス

今後のキャリアパス

介護職員初任給研修では、今までとは異なり段階的にレベルアップしながら介護の仕事を学べるようなキャリアパスへと変更になっています。長く働き続ける資格の取得方法で、少しずつ学びやすく資格取得方法もより明確になりました。
今まではホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、介護職員基礎研修を修了した方がそれぞれ介護福祉士を目指していました。それぞれの資格によって研修内容も異なり、養成体性が複雑で分かりにくいシステムでした。研修時間や研修内容も異なり、介護福祉士となるために必要となる講習も異なっていたわけです。
今後は、まずは介護職員初任者研修を修了します。在宅や介護施設で働くための基本的な知識を学ぶためのものです。ある程度実務経験を積んだら、今後は介護福祉士を目指します。より明確な介護の内容を学びます。最終的には認定介護福祉士となり、多彩な介護にも対応できる技術を学びます。介護職員の指導を担当するなど、中心的な存在と変わります。
キャリアパスが明確になる事で、講習を受けた人がそれぞれ共通した知識を得られ、キャリアアップの場も分かりやすく変わっています。介護職において知識をより深めたい方は更なるステップアップをしやすくなったと言えるでしょう。