介護職員初任者研修のものすごいカリキュラムとは!

介護職員初任者研修の研修時間

ホームヘルパーは介護職員初任者研修へと変わりましたが、どのような研修内容に変わったか、研修時間などを詳しく確認しておくと良いでしょう。
職務の理解は6時間、介護における尊厳の保持・自立支援は9時間、介護の基本は6時間、介護・福祉サービスの理解と医療との連携は9時間、介護におけるコミュニケーション技術は6時間、老化の理解は6時間、認知症の理解は6時間、障害の理解は3時間、こころとからだのしくみと生活支援技術は75時間、振り返りは4時間です。全てで130時間の講義を受けることになります。こころとからだのしくみとせいかつ支援技術の割合が最も多くなっていますが、これは介護に必要な基本的な知識を理解しながら、生活の中でどのように支援して良いかを具体的に確認する内容です。施設の見学など実習が行なわれることもあります。ただし、これらの時間は通信形式で実施できる上限時間は異なります。ホームヘルパー2級と実習時間は130時間と同等なのですが、実習の30時間が無くなり、こころとからだのしくみと生活支援技術が加えられ多くなっているのが分かります。時間配分や講習内容も変更されているためチェックしてみましょう。